メイン コンテンツにスキップ
価格

Trello の紹介

Trello によって、チームは作業を簡単に完了できます。プロジェクト、ワークフロー、またはチームのタイプに関係なく、Trello で情報を整理できます。とても簡単です。サインアップしてボードを作成し、すぐに始めましょう。生産性向上を実現しましょう。

エンジニアリング チーム向け Trello

Trello を利用して、エンジニアリング チームはアジャイルに、少ないストレスでより多くの製品をリリースし、製品の発売やバグ修正に関してシームレスにコラボレーションできます。

Trello のボードやリスト、カードを使用すると、アイデアを数秒で行動に移せます。見やすく使いやすいだけでなく、Trello の利用でプロジェクトが活性化して前進し続けます。

Trello を使用している世界中の 2 百万を超えるチームに参加して、効率的に作業を完了しましょう。

  • ロゴ: Coinbase
  • ロゴ: John Deere
  • ロゴ: Grand Hyatt
  • ロゴ: Google
  • ロゴ: Visa
  • ロゴ: Zoom

卓越したエンジニアリングのためのチームのワークスペース

チームが新しい製品ロードマップを計画中、スプリントの振り返りの実行中、バグ修正に関して連携中、または稼働開始のお祝いをしているとしても、Trello ボードはエンジニアの一日 (または一晩中) のあらゆる局面に役立ちます。

すべてのエンジニアリング テンプレートの詳細を見る

より良いものを、協力してタイムリーに提供します。

タイムライン ビューを使用すると、エンジニアリング チームはスプリントを簡単に同期してプロジェクトの締め切りに合わせて調整できます。

Trello ビューの詳細

タイムライン ビューを示すイラスト。
Trello で接続できる、エンジニアに重要なアプリと Power-Up の一部を示すグラフィック。

開発プロセスで Power-Up を活用

シンプルで適応能力が高く、カスタマイズ可能。Github、Jira、Bitbucket、Gitlab、カスタム フィールドなどの Power-Up を活用して、Trello を公式なエンジニアリング ハブにしましょう。お気に入りのアプリと統合を Trello に接続し、必要なすべての情報を収集して、1 か所で作業を片付けましょう。

150 以上の Power-Up を探す

作業を魔法のように自動化して進行

Trello に組み込まれた自動化機能により、毎日繰り返されるタスクを簡単に自動化し、生じた余力を最重要課題に集中できます。

作業はロボットに任せましょう!

画像: Trello ボードの自動化の例

エンジニアの成功につながるリソース

カンバン 101: あらゆるチームがよりアジャイルになれる方法 [ブログ投稿]

プロジェクトのタスクを細分化して進行中の作業を制限することで、チームは該当するプロジェクトでうまくいっていること、うまくいっていないことを素早く把握できるようになります。チームの生産性レベルをさらに上げる方法をご覧ください。

詳細を見る

コードの準備完了: エンジニアリング チームの Trello 活用法 [ブログ投稿]

こうした Trello ワークフローをテストすることによって、エンジニアリング チームが順調に作業を進めて適切なプロジェクトを優先順位付けていることを確認しましょう。そのワークフローが信頼できるとわかったら変更をコミットしましょう。

詳細を見る

重要であるが避けられることが多い事例: スプリントの振り返りミーティング [ブログ投稿]

スクラムの優れた点は、継続して改善していることです。小さいアイテムを継続して修正することで、チームの満足度は高まり、生産性が向上し、繰り返し発生する問題に対処する時間を減らせます。

詳細を見る

Trello のアジャイル ワークフロー [ウェビナー]

スプリント、振り返り、製品ロードマップの 3 つの主要なボードを活用して、Trello でアジャイル手法とスクラム手法をワークフローに適用する方法をご覧ください。

今すぐ見る
今すぐご利用可能

Premium の 14 日間無料トライアル!

ボード、Trello ビュー、自動化を無制限に利用できるほか、さまざまな機能を活用できます。

Trello をカスタマイズ

チームは作業を開始する準備ができていますか? とても簡単に使えるビジネス ツールを試してみましょう。チームはコラボレーションしたくなるはずです。

価格とプランについて詳しく見る

Free

$0USD

チーム全員が無料

プロジェクトを整理したい個人またはチーム向け。

Standard

$5USD

年 1 回のお支払いの場合、ユーザーあたり月額 ($6 月額)

作業を管理してコラボレーションを拡張する必要がある小規模なチーム向け。

Premium

$10USD

年 1 回のお支払いの場合、ユーザーあたり月額 ($12.50 月額)

ボード、タイムライン、カレンダーなど、複数の方法で複数のプロジェクトを追跡して視覚化する必要があるチーム向け。

Enterprise

$17.50USD

ユーザーあたり月額、年 1 回のお支払い ($210.00 ユーザーあたりの年額)

セキュリティとコントロールを強化してチーム間で作業をつなげる必要がある企業向け。

準備はいいですか?

ボードにアクセスしてやることを片付けましょう!